プロフィール

トム*ナツキ

Author:トム*ナツキ
元野良猫のトムと、里親として一緒に暮らすことになった甲斐犬のナツキとふゆか。古民家でのんびり暮らしています。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナツキのいない夜

朝、いつもの公園に散歩に行き
たっぷり歩いて、楽しそうに遊んだナツキ。



家に帰るとすぐに出かけなければなりません。
今日は、ナツキの避妊手術の日でした。



ナツキは、生後2ヶ月で里親ボランティアさんに保護された子犬でした。
譲渡条件には、避妊手術の確約がありました。
私たちはの条件を受け入れ、ナツキの里親となりました。



犬の避妊、去勢手術については
いろんな意見があると思います。



ナツキに申し訳ない気持ちと、全身麻酔のリスクの不安で
昨夜は眠れませんでした。
何も知らないナツキが眠っている様子を見ると
胸が締め付けられる思いでした。



今日の朝10時過ぎ、病院に預け
午後から手術を受けました。



午後3時過ぎ、無事に手術が終わった連絡がありました。
明日、朝一番で迎えに行きます。



ナツキ、ごめんね。
私たちの家族になってくれてありがとう。



早く明日がきてほしいです。



IMG_3773_convert_20100615233113.jpg
ナツキは頑張りましたよ~



IMG_3785_convert_20100615233148.jpg
あのこはどこに行ったんですか



トムは、帰ってこないナツキが心配なようで
縁側に置いた椅子の上から
いつもナツキを繋いでいる物干し台の方向ばかり見ています。



明日、帰ってきますよ。



私たちも、トムも
ナツキがいない生活は寂しくて仕方がありません。



ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

    

br_decobanner_20091230232111.gif

    
ここをクリックして応援いただけると嬉しいです。

いつも応援ありがとうございます。
とても励みになっています。


スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
ナツキちゃん避妊手術されたのですか それが条件であれば仕方ないですね 葵は昨年3月手術しました 本当は子供が欲しかったのですが 縁がなく 高齢になってからでは手術の危険性がたかくなるので決心しました メスの犬は高齢になると子宮や卵巣の病気が多くなるので 私は手術をしておいた方がよいと思います 実は葵のお姉さんの雁ちゃんは子宮の病気で死んでしまったようなのです(詳しいことはわからないのですが)あまり怖がらせてしまって申し訳ないのですが 甲斐犬は体が丈夫なので手術によるデメリットはないと思います 性格に問題がでるとか いろいろ言う人がいますが 迷信です 葵の先代の犬は1年なる前に手術をして その時も賛否いろいろ言われましたが 人懐っこい 優しい犬でした ご心配だと思いますが大丈夫ですよ お医者様の言うことをよく守って お家に帰ってきたら 甘えさせてあげてください 傷を見ると 泣けてきますが 時間がたてば目立たなくなります 元気なトムクンとナツキちゃんの写真を見せてくださいね
ママさん お疲れ様。
大丈夫だよ!
これで いくつもの病気の心配が少なくなったんだからね。
また 一緒に元気に お散歩しましょうね。
もう そろそろ 何時帰っても良いように 準備出来てるかな?

もし ご飯食べないようなら 連絡してください。
そうなんだ~e-441何だか複雑な気持ちです・・
うちは、男の子なのですがトレーナーさんからは去勢を勧められました
周りにわんこが多いとどうしても時期が来ると落ち着きをなくす事もあると言われて・・・
力が強いわんこはワイヤーも引きちぎって女の子の所へ行ってしまったりするとか・・・
女の子は受身だから、色んな問題とか考えたら避妊は必要なんでしょうねe-263
うちも、旦那と相談しましたが、旦那は去勢したくないようですe-351
男として、余りいい気分ではないのかもしれませんねe-330
私としても何とも判断がしにくいので色んな意見もきいてみたいと思いますe-318
なつきちゃん元気でずっと幸せな家族で居られるための試練乗り越えたんですね。みんなで、一緒に乗り越えて下さいねe-271
  • るるど#-
  • URL
  • 2010.06.16(Wed)
  • Edit
葵の母様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

診察のはじまる午前9時に、迎えに行ってきました。
心細かったようで、一晩鳴いて(泣いて)いたようです。(涙)
獣医さんから、術中・術後の説明を受けた後
ナツキは、元気に歩いて私たちのところに戻ってきました。
家に戻って、ご飯をきちんと食べ
お水もたっぷり飲んで、今はぐっすり眠っています。

葵ちゃんも手術を受けたのですね。
傷口を見ると辛いですが
葵ちゃんも頑張ったのだと思うと、心強いです。
雁ちゃん、辛い思いをされたのですね。
兄弟姉妹が亡くなるのは寂しいことです。
雁ちゃんの分まで元気で長生きしてくださいね。

ナツキは、トムと挨拶を済ませ
お気に入りの場所の、洗面所で熟睡しています。
元気いっぱいの様子で、安心しました。
ご心配をお掛けし、申し訳ありません。
すぐに、普段のブログに戻ります。またご覧いただけたら嬉しいです。

  • トム*ナツキ#-
  • URL
  • 2010.06.16(Wed)
  • Edit
元気君のママ様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

いつもいろいろと、ありがとうございます。
ママさんが近くにいてくれるので、心強いです。(涙)

ナツキは、病院で出されたご飯も残さず食べ
家に帰ってからも、病院で指示された量のご飯を喜んで食べました!
病院では緊張のため、お腹を壊していたようですが
帰ってからは、ウン○はしていません。
臆病なので、お腹がデリケートなのです・・・。
今は洗面所で、お借りしているエリザベスを枕に
ぐっすり眠っています。枕が心地良いようです。
本当にありがとうございます!
  • トム*ナツキ#-
  • URL
  • 2010.06.16(Wed)
  • Edit
るるど様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

複雑ですよね・・・。
男の子も大変なんですね。
焦らず、零くんと、るるどさんご家族に一番良い方法を選んでください。

ナツキは、私達が想像していたよりも元気な状態で無事に帰ってきました。
2時間ほど眠ったあと、先程から起きて来て
いつもと同じ様子で過ごしています。
痛くて怖い思いをしたのはナツキなのに
私が落ち込んでいても仕方がありませんよね。
ナツキと一緒に、みんなで試練を乗り越えます。
お気遣い、ありがとうございます。(涙)
  • トム*ナツキ#-
  • URL
  • 2010.06.16(Wed)
  • Edit
うちもそうでした。
ブリーダーから来た雫にはそういった条件はまったくありませんでした。
でもメス特有の病気は避妊手術が早ければそれだけ発症率も低いということがあったので、子供を産ませようかと悩んでいたのですが雫の子孫を残すことより少しでも長く雫と一緒に居たいという思いの方が強かったので手術に踏み切りました。
今はそうしたことに後悔はありません。
雫との生活が長くなるほどかけがえのない存在になって長生きしてほしいと願ってやみません。
ナツキちゃんも手術の傷が癒えるまでちょっと掛かるけど、いっぱいママさんとパパさんに甘えちゃいなさい。
  • 雫母です#-
  • URL
  • 2010.06.16(Wed)
  • Edit
ナツキちゃん、無事に帰ってきて、今はちゃんとリラックスできているのですね。よかった。
ナツキちゃん、どうぞお大事に。早く傷が癒えますように。
お散歩で、おともだちと楽しく遊ぶナツキちゃんのお写真、また楽しみにしています♪

  • ねこた#NK6uJqnc
  • URL
  • 2010.06.16(Wed)
  • Edit
雫母です 様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

雫ちゃんも手術をされたんですね。
今は後悔がないとおっしゃるお言葉、心強いです。
ナツキの傷跡を見ると、心が痛みますが
手術を受けたことによって、病気の発症率を下げられますものね。
雫ちゃんと一緒に、ナツキも元気で長生きしてほしいです。
私が落ち込んでいても仕方がないので
ナツキが不安にならないように、しっかりしようと思います。
  • トム*ナツキ#-
  • URL
  • 2010.06.16(Wed)
  • Edit
ねこた様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

ご心配ありがとうございます。
ナツキは、いつもと変わらない様子で元気に過ごしています。
寝ていなくても大丈夫なのか!?・・・
と、こちらが心配するくらい、家の中を歩き回っています。
一週間は、家の周りを散歩するくらいで、安静にするようにと
病院で言われてきました。

すぐに、普段のブログに戻りますので
またご覧いただけると嬉しいです。


  • トム*ナツキ#-
  • URL
  • 2010.06.16(Wed)
  • Edit
いつもいる
ナツキちゃんがいないと寂しいですよね・・・。

あまりにヒドイ皮膚炎だった小次郎も
2週間、病院へ預けてたコトがありました。
病院へ行ったら
その場で2週間預かると突然言われ、驚いたのを覚えています。
預かってるあいだに精神的ショックなどで
犬が死亡するコトもあり得るとのコトで誓約書に
その旨を了解した上での預かりであるというサインを書かされました。
その病院では過去に
そのような事故はありませんが、やはりショックでした。
帰りの車の中で涙が止まりませんでした。
たかが2週間が一生のコトのように長かったのを覚えてます。

避妊・去勢手術に関しては、意見が分かれるトコですよね。
ウチも去勢手術をしようと病院へ相談へ行ったら
院長先生に猛反対され、今では未去勢犬のままです。
次郎丸夫婦の場合
去勢希望の理由が浅はかだったので
今では手術を受けなくて良かったと思ってます。

ただ残念だったのが
仕方のないコトかもしれませんが
里親ボランティアをされてる方と直接お話しをする機会があって
その女性は小次郎が去勢済みであると勝手に勘違いされてたようで
「捨て犬のほとんどが、手術を受けていない。
手術を受けさせない飼い主は無責任だ。」とハッキリ言われてしまい、とてもガッカリしました。
「そんな犬は、不幸だ。」と。

人それぞれに
いろいろな考え方があるのは当然ですが
飼い主の責任を怠ってると言われたようで・・・。
小次郎が不幸な犬と言われてるようでショックでした。

ナツキちゃんは手術を受けたけど
これまで通り元気な姿でトム*ナツキさんや
ご主人さまのコトを癒してくれる存在だと思います!

手術を受けようが受けまいが
かわいい愛犬には、変わりないですよね^^♪
  • 次郎丸#-
  • URL
  • 2010.07.09(Fri)
  • Edit
次郎丸様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

2週間も小次郎くんと離れ離れだったのですよね。
涙が止まらなかった次郎丸さんの気持ち、わかります。
病院で、誓約書にサインをすることは、精神的にとても不安になりますよね・・・。

去勢、避妊手術は、意見がわかれますよね。
ナツキの場合は、里親ボランティアさんと誓約を交わしたので手術を受けました。
それがなかった場合、どうしていたかは自分でもわかりません。

次郎丸さんとお話しをされた里親ボランティアの方は
保護、譲渡の繰り返しで、不幸な犬猫が一向に減らない状況に
悲しい思いをされていたのかもしれませんねぇ。

小次郎くんは、どこから見ても幸せな犬ですよ!
ナツキとトムにも、毎日楽しいぞー!と思ってもらえるよう
充実した日々を過ごさせてあげたいです。
小次郎くんのようにね!
  • トム*ナツキ#-
  • URL
  • 2010.07.10(Sat)
  • Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。