プロフィール

トム*ナツキ

Author:トム*ナツキ
元野良猫のトムと、里親として一緒に暮らすことになった甲斐犬のナツキとふゆか。古民家でのんびり暮らしています。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い子にはゴハンアゲマセン

縁側で日光浴中のトム。



陽射しが暖かくぽかぽかしています。
IMG_2402_convert_20100218205101.jpg



のんびり毛づくろいをしていたのですが
近づく黒い影・・・



IMG_2404_convert_20100218205225.jpg
やっぱり来ましたか。



けんかになる!と思ったのですが
珍しくナツキがトムの毛づくろいを手伝いはじめました。
IMG_2406_convert_20100218205220.jpg
IMG_2407_convert_20100218205429.jpg
毎日トムに毛の手入れをしてもらっているナツキ。
今日はお返しをしているの?



いつもこんな風に仲良しなら良いのですが・・・



トムがナツキを遊びに誘っています!
IMG_2409_convert_20100218205522.jpg
戸のアチラとコチラでパンチし合っています。
ちょっと楽しそう!



晩ご飯の支度中も暴れているトムとナツキ。



そんな悪い子にはご飯あげませんよ!
IMG_2412_convert_20100218212800.jpg
真剣な顔で見つめるナツキ。 今なんて言った???   



「ゴハンアゲマセン」が理解できたの?



IMG_2419_convert_20100218212836.jpg
怒っていますねぇ。(笑)
私、ほえられました!



食事を無事に済ませ、今はゆっくり休んでいます。




裏庭の梅
ちらほら咲きはじめていましたが
このところの寒さで、動きが止まりました。(笑)
長く楽しめて良いのですが・・・
IMG_2398_convert_20100218204835.jpg
IMG_2399_convert_20100218204937.jpg
隣の木はまだ一輪も咲いていません。
春はまだまだ先のようです。



ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

    

br_decobanner_20091230232111.gif

    
ここをぽちっと押して応援いただけると嬉しいです。
いつも応援ありがとうございます。
とても励みになっています。



床の作業。
昨日の柿渋が乾いていないので
油塗りは延期になりました。
においはまだまだ消えません(涙)







スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
ごはん前に
仲良く遊ぶお二方、微笑ましいです。
お二方の様子を眺めていると癒されます♪
お写真でも癒されるので
実際にご覧になってるトム*ナツキさんは、かなり癒されてるのでは?ウラヤマシイです☆

小次郎は外飼いなので
普段の様子は窓越しから犬舎をのぞく程度なんです。
窓ガラスをコンっと音させると
犬舎の中にある犬小屋から
走り出てコチラをジィ~っと眺めるんですよ。(笑)
その姿が、かわいかったりしてます♪

ナツキちゃん
ごはん抜きになると思い、焦ったのでしょうか?!
吠えて訴える姿、かわいいですね!

立派な梅の木ですね!
キレイな枝ぶりですが、剪定などされてるのですか?
ご自宅に居ながら梅鑑賞を楽しめるのは、いいですね!

ところで
柿渋の効果、素晴らしいですね!
これで爽やかなニオイだと、申し分ないですよね・・・。(笑)

それと、ウチでは精米機を使ってます♪
親戚から毎年
米を送ってもらえるので、精米して食べてます。
精米したては、おいしいですよ!
ただ、精米機がオシャレな見た目なら良いんですが・・・。(笑)
購入の際に探してみましたが
オシャレなデザインの精米機は、なかったです。(泣)
アマダナあたりで精米機が発売されると、良いんですがね・・・。
  • 次郎丸#-
  • URL
  • 2010.02.18(Thu)
  • Edit
次郎丸様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

確かに、トムとナツキには癒されています。
室内で追いかけっこをしたり
延々と続くパンチ大会・・・
コレがなければ良いのですが!(笑)
晩ご飯の支度中には、私の足下で暴れるので
まったくはかどりません・・・
外飼いにすれば、問題は解決するのですがね!(笑)

小次郎くん
次郎丸さんの足音や様子を
犬舎の中で聞き入っているんでしょうか。(笑)
ジィ~っと眺める顔、かわいいでしょうね!
見てみたいです。

梅の木は、まったく手入れしていないんです。(笑)
かなり大きな木で、老木のようです。
空家期間の間、放置されていたようで
伸び放題になっています。(笑)
屋根にかぶさっていた部分は、梯子に登って私が切ったのですが
高いところの枝にヘビの抜け殻が・・・キョェ~!!!
それからは、梅の木の下を通る時は頭上を確認しています。(笑)

ところで、精米機!
使われているんですね。
おいしいと伺って、ますます欲しくなってきました。
米ぬかは、畑の肥料にもなるようですし
筍をゆでる時も使えますよね。
でも何よりも、お米がおいしいのが良いですよね!
後は、どこのメーカーの物を購入するかですね・・・。
四角い箱型のモノが理想なのですが。
ないんですよねぇ・・・
アマダナ、良いですね!発売される良いのですが。




  • トム*ナツキ#-
  • URL
  • 2010.02.19(Fri)
  • Edit
楓華、虎夏という甲斐犬と一緒にしまなみ海道で暮らしております。トムとナツキさん、犬と猫がとっても仲が良いなんてびっくりで
す。信じられないです。

トムとナツキさん、どちらが先にお宅に住みだしたのか、初めての出会いは、トムとナツキさんとも子供同士だったのですか。なんであん
なに仲が良いのか知りた~~いです。

それから、現在、新築の家の構想を練っています。大工さんに、スギ板の床が最近、足触りがやさしいと見直されていると聞いています。

ご主人様が施工されているお宅の床は、スギ板ですか?
柿渋を塗るのはなぜですか。その上に油を塗るのはなぜですか。
油は何ですか?

初めてでごめんなさい。いっぱい質問ばかりして。よろしければお教えください。

  • 楓華ママ#-
  • URL
  • 2010.02.19(Fri)
  • Edit
楓華ママ 様

はじめまして!
コメントありがとうございます。

しまなみ海道にお住まいなのですね。
10年ほど前に車で旅をしました。
透きとおった海に、どこまでも続く橋と絵葉書のような景色。
そして、お昼ご飯に食べたウニ丼が忘れられません!

虎夏さんと楓華さんの暮らしが羨ましいです!

さて、トムとナツキに出会った経緯です。
昨年、今暮らしている家をリフォーム中、実家に居候していました。
6月ごろ、実家の庭にトムが突然あらわれました。
そっとご飯をあげると、毎日やってくるようになりました。
7月には、家の中でご飯をたべるようになり
そのうち、夜は家の中で寝るようになりました。
一緒に暮らすことは決めていたのですが
まったく触らせてくれません!
ケージでの確保も何度も失敗し、だらだらと半ノラ状態ですごしていました。
あっという間に9月になり、私たちの家もできあがり
引越しを考えている時に、里親募集のHPでナツキに出会いました。
その日のうちに問い合わせの電話をし、1週間後に迎えに行くことになりました。
その一週間の間に、トムを捕獲し、去勢手術を受けました。
私の手は引っ掻き傷で血だらけでした・・・
トムは年齢不詳の成猫です。
ナツキはその時3ヶ月でした。
一緒に暮らすようになってから、しばらくは別々の部屋で過ごしましたが
人間の心配は余計なお世話だったようで
何の問題もなくお互いの存在を認めたようです。
その後はブログの通りです。(笑)

家の建築をお考えなのですね!
あれこれ考えて、一番楽しいときですね。

質問を頂いた床材ですが、うちは杉板を施工しました。
おっしゃるとおり、足触りが気持ち良いですよ!

施工した杉板は、無垢の無塗装の床材です。
うちは、トムもナツキも室内飼いですので
床を汚した場合、汚れが染み込まないように塗装しました。

柿渋は、青柿が原料の天然素材です。
しもやけや火傷に塗ったり、二日酔いの時には飲んでも良いそうで
動物にもやさしい素材だと思っています。
防腐、防虫効果もあるので、うちは古い家具などにも塗装しています。

油は、桐油を使っています。
桐の種からとれる油です。
柿渋だけの塗装より、防水効果が上がると思います。
桐油は、古くから神社やお寺のメンテナンスに使われていたそうですよ。
お寺の廊下は、桐油で拭いていると聞いたことがあります。
柿渋屋さんには、米ぬかで毎日磨くのが一番安上がりだと教えてもらいました!

柿渋は、初めて使われるとにおいに驚かれると思いますが
私は気に入っています!

お役に立てれば嬉しいのですが・・・
これからもどうぞよろしくお願いします!
















  • トム*ナツキ#-
  • URL
  • 2010.02.20(Sat)
  • Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。